目立つハッピを、購入するには

日本国内では、さまざまな季節にお祭りが開かれています。また、よさこいなどの、独自の活動もあり、いろいろな場所で、特色のあるハッピを目にすることがあります。自分達のチームの特色を、上手く表現することで、楽しく連帯感のある時間を持つことが出来ます。これらのアイテムは、専門の職人さんに依頼することで、質の良い素敵なものを準備することが叶います。インターネット通販では、必要なハッピを注文することが出来ます。さまざまなデザインの中から、好みのものを選び、オリジナルで素敵なものに仕上げてもらえば、お祭りの活気も倍増します。また、スポーツ観戦やイベント、アイドルの応援などで活用すれば、連帯感を深めることが出来ます。日本人には、馴染み深いハッピを纏うことで、気持ちは自然と高まり、盛り上げるための効果があります。

ハッピの洗濯は色落ちと色移りに注意

お祭りで着たハッピは、洗濯する時の色落ちと色移りが悩みどころではないでしょうか。通常の衣類と同じように洗うと、高確率で色が落ちるか、他の服に色が移ってしまいます。出来れば事前に、洗い方を予習しておくと安心です。まずは他の衣類と一緒にせず、単独で洗濯することが基本の洗い方です。単独で洗うだけで、他の衣類への色移りは心配無用になります。ただ、ハッピの文字の白抜き部分にも色が移ってしまうこともあるので、そちらの対策も忘れずにしましょう。色落ちや色移りは、温度が高い方が起こりやすいこともあり、洗濯時はなるべく水で行うのがベストです。色を落としにくいお酢などで洗う、色止めという洗濯方法を実行するのも1つの方法です。洗剤は中性タイプを使いますが、素材によっては水洗いだけにしておいた方が良い場合もあります。長く同じハッピを使うために、洗濯方法を研究して、慎重に汚れを落としましょう。

ハッピの文字で分かる所属や役割

神社で行うお祭りに参加している人のハッピには、所属している氏子会や町内の名前が入っています。背中に大きく書く場合もあるので、お祭りで法被姿の人を見かけたら、チェックしてみると良いでしょう。氏子会の名前が書いてある場合、その土地の由来が含まれていることもあります。例えば、神社に一番近いエリアの町内は、氏子会の名前が宮本となっていることが多いです。背中の文字に、大きく宮本とあったら、神社のお膝元に住む人たちだと分かります。ある城下町では、お堀があった付近の町では、氏子会の名前が堀端といい、背中にも堀端と書いてあります。背中の文字で、町の由来が分かる訳です。より大きな神社での大きな祭りになると、役割名が背中に書いてあり、ひと目でどんな係か判別できるようになっていることもあります。ハッピは、着ている人の所属や役が視覚で分かる便利な服です。神社のお祭りに行ったら、ハッピの文字にも注目してみましょう。

無地はっぴに背中1色プリントを入れて30枚製作した場合 1枚あたり¥2,060税込み となります。 企業様のお祭り用やイベント用にはっぴが大人気です。 色々な種類の弊社オリジナルの既製品はっぴを1枚から大量口まで販売しております。 昔ながらの祭りはっぴがお手頃価格です。 お祭り用にはっぴや色々なイベント用にはっぴが大人気です。用途に合わせてはっぴの種類も色々あります。 KAMEOKAハッピで楽しくお祭り気分!

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑